puppy

フィラリアの発症前に

white dog sitting

日本国内における犬の薬に対するトレンドや取り組みとして、医薬品を使って予防をすることの大切さを呼び掛けています。犬が病気になってから薬を使用するのではなく、フィラリア症や吐き気といった症状を発症する前に防止することがポイントです。これらの病気を発症する前でも、一般販売されている犬の薬を使用することは可能です。効果として病気になった時だけでなく、病気になる前でもその作用を得られることが出来る医薬品となっています。使用方法についてもとても簡単で、普段食べているドックフードに混ぜたり首筋に薬を投与するだけとシンプルです。日本の獣医学会や動物病院では、犬の薬に対してこのような呼びかけや取り組みを積極的に行っています。

市販されている犬の薬は国産の他に外国産の医薬品も多数ありますが、この商品の国内における動向予測をしていきます。外国産の動物医薬品というものは、日本産に比べて得られる効果が高いというメリットがあります。しかしその一方で取り扱いにおいて一定の規制があり、日本では動物病院で獣医が使用することがあります。それ以外には個人輸入代行業者からも注文が可能で、犬の薬を始め動物やペット向けの医薬品を多数扱う会社です。動物病院で購入するケースに比べて、医療機関を受診しなくても同額または安く入手出来ることが最大のポイントとなります。日本でも急速に求める人が上昇していることから、今後も外国産の犬の薬の需要は増加すると考えられています。